自律訓練法のやり方

自律訓練法は、ドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法です。

神経症や心身症の治療にも効果があるとされていますし、自律神経のバランスを回復させる治療法として精神科や心療内科で導入されています。

自律訓練法は、リラクゼーションのために自分で行う催眠誘導法といえます。交感神経の働きを鎮め心身の緊張を緩和して、リラックスした状態にする働きがあります。

どんな効果があるのか?

自律訓練法は、自律神経のバランスを整え過度の緊張をとり疲労を回復させ、体調を整えることに役立ちます。

自律神経機能が正常になると、血流がよくなり、皮膚温が上がり、呼吸が落ち着き、胃腸の働きもよくなり健康が回復します。自己治癒力を高めるため、症状にあった訓練をおこなえば、さまざまな病気に効果が期待できます。

■一般的な効果としては…

(1)慢性的な蓄積された疲労の回復

(2)イライラが無くなり穏やかな気持ちになれる

(3)自己統制力が増し、衝動的行動が少なくなる

(4)集中力がつき仕事や勉強の能率が上がる

(5)身体的な痛みや精神的な苦痛の緩和

(6)内省力がつき向上心が増す

などの効果が期待できます。

具体的な効果には個人差がありますが、マスターすれば、精神、身体活動が安定することは確かです。

具体的なやり方は、下記のサイトを参照してください。
WellLink 心とからだの元気ネット

埼玉県内の方、整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

コメント


認証コード9323

コメントは管理者の承認後に表示されます。