コレステロールと中性脂肪

コレステロールは悪くない!

コレステロールが健康に害を与えるかのような誤った常識が日本ではあります。コレステロールも高過ぎれば悪いかもしれませんが、平均的日本人の食生活なら、ほとんどの人は下げるほどのレベルではありません。

コレステロールは病原体ではなく、直接病気を引き起こすこともありません。むしろ、体にとって必要不可欠な物質なのです。脂質の一部であるコレステロールは、細胞をつくる元になります。細胞を包む細胞膜の成分となります。

コレステロールが足りないと、新しい細胞をつくれなくなり、がんができやすいといわれています。感染症や認知症のリスクも高まるそうです。コレステロールが高くても、心筋梗塞などのリスクは上がらないという論文もたくさんあります。

コレステロール低下薬を投与すれば、善玉コレステロールと言われるLDLだけではなく、全部のコレステロールを低下させてしまいます。これは健康へのリスクを高めます。筋肉の痙攣や血流障害などのリウマチの病状などの副作用が懸念されるからです。

コレステロールは、肝臓でリポタンパクというタンパク質に包まれ、血液に乗って体の器官に運ばれます。このリポタンパクにコレステロールが包まれた状態を「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」と呼んでるのです。両者のコレステロールに違いはありません。結びついたリポタンパクの違いで呼び分けているだけなのです。

女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを受けた時に副腎皮質から分泌される抗ストレスホルモンなども、コレステロールがなければつくることができないのです。

コレステロール降下剤を飲むのは無意味なだけでなく健康へのリスクを高めます。ひとつの例としては、胆石を生じさせるなどの副作用があるそうです。

コレステロール値が高いと脳梗塞のリスクが高まるという説は誤解だそうです。むしろ、脳内出血の原因は「低コレステロール」にあるとの指摘が有力になっています。コレステロールが少ないと血管がもろくなり、出血リスクが高まるともいわれています。

コレステロールは紫外線を浴びるとビタミンDの前駆体(化学反応などによってある物質が生成される前の段階にある物質)になります。ビタミンDは、体がカルシウムを吸収する際に必須といわれ、カルシウムを摂取しても、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が不十分となり、骨が弱くなります。つまりコレステロールが少ないと、骨も弱くなるということになります。

総コレステロール値あるいはLDL-コレステロール値が高いと、日本人では総死亡率が低下します。つまり、総コレステロール値は高い方が(少なくとも日本人の場合)長生きできる可能性が高いということです。

高リノール酸植物油の摂取を増やし動物性脂肪とコレステロールの摂取を減らす”という従来の栄養指導は、むしろ心疾患、癌などを増やす危険性が極めて高いそうです。

コレステロールと関連して問題にされる中性脂肪ですが、中性脂肪値が150mg/dL 以上でも脂質異常症とはいえないという見解があります。一般集団では、中性脂肪値の高い群のほうが総死亡率は低いという調査結果もあります。

脳卒中はコレステロールや動物性脂肪摂取の多い群、血清脂質レベルの高い群ほど発症しにくく、脂質レベルの高い群のほうが予後は良好だそうです。飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量が多いグループのほうが、脳卒中(虚血性)死亡率は低いという調査結果もあります。

悪者扱いされてる動物性脂肪(飽和脂肪酸)やコレステロールですが、それらは長期的にはTC 値(血液中のコレステロールの総量。LDLコレステロールやHDLコレステロールほかを合計した値。TC(total cholesterol))を上げず、炎症性メディエーター(局所に侵害刺激が加わると産生・放出される炎症を引き起こす物質のこと)の産生過剰への影響は少なく、上述の有害作用を示さないそうです。

動物に有害作用を示すと言われることがある植物油脂の代わりに動物性脂肪を肥満にならない程度に摂取すること、またそれを可能とする食環境作りを勧める専門家もいます。

製薬メーカーと医療機関の関係
2008 年のマスコミ2社の調査によれば、(コレステロール値に関する)動脈硬化学会のガイドライン作成者の多くは、高脂血症治療薬メーカーから数千万あるいは数億の研究費を取得 しているそうです(私学の場合は金額不明)。このような状態で、まともなガイドラインが作られるはずがありません。

コレステロールを低下させるスタチン類は日本で年間2500 億円以上の売り上 げがあります。関連医療費はその3倍です。その中にかなりの税金が使われているのです。

コレステロールと中性脂肪

動物性脂肪とコレステロールの摂取を減らして高リノール酸植物油を増 やすと、血清コレステロール値が低下して動脈硬化性疾患が予防できる”と いうコレステロール仮説が、約半世紀前に出され、現在まで医療の現場では 広く受け入れられてきました。

コレステロール値を下げることによって動脈硬化性疾患が予防できるとする情報が国連WHO や欧米から伝えられ、わが国の医 学界もこれを広く受け入れてきました。

企業と直接の利害関係のない研究者らにより新法にそって行われた臨床試験では、“ス タチン類はLDL-コレステロール値を下げるが心疾患予防には効果がない”ことが明らかにされました(2006 年以降)。

コレステロールの摂取を増やすと短期的(週単位)には血清TC 値は上がりますが、長期的に上がることはありません。慣的にコレステロールを多く含む食品の摂取が多い群は少ない群より、血清TC 値は低めです。

高リノール酸植物油の摂取を増やし動物性脂肪とコレステロールの摂取を減らす”という従来の栄養指導は、むしろ心疾患、癌などを増やす危険性が極めて高いのです。

コレステロールの基準値を決める上で最も重要なエンドポイントは総死亡率です。40~50 歳以上、あるいはより高齢の一般集団では、TC値の高い群で癌死亡率や総死亡率が低いのです。

女性に対するコレステロール合成阻害薬、スタチン類の使用は不要とされてきたが、男性に対しても医師の合理的な判断による特別なケースを除き、動脈硬化性疾患予防にスタチン類は不適切だそうです。

一般集団ではLDL-C 値の高い群のほうが総死亡率は低いです(長生きである)。コレステロールエステル輸送タンパク阻害薬はHDL-C 値を有意に上昇させLDL-C/HDL-C 比を下げましたが、逆に総死亡率を上げました。

スタチン類はLDL-C を顕著に下げたが、心疾患予防効果は認められませんでした。LDL-C を悪玉としHDL-C を善玉とする説はコレステロールの体内動態を単純化しすぎており、(日本脂質栄養学会では)使わないよう勧めています。

動物性脂肪の摂取の勧め
中性脂肪値が150mg/dL 以上でも脂質異常症とはいえないそうです。一般集団では、中性脂肪値の高い群のほうが総死亡率は低いという結果も報告されました。

脳卒中はコレステロールや動物性脂肪摂取の多い群、血清脂質レベルの高い群ほど発症しにくく、脂質レベルの高い群のほうが予後は良好です。脳卒中を起こした人の8 割以上は、TC 値(LDL-C 値)あるいは中性脂肪値の低い人です。そして、いわゆる高脂血症と診断された群のほうが、臨床指標は良好であり退院時死亡率も低いのです。

飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量が多い群のほうが、脳卒中(虚血性)死亡率は低い。

現在供給されている植物油脂の9 割以上は、リノール酸/α-リノレン酸比が大きいか、あるいは実験動物に有害な作用(腎障害、出血傾向あるいは発癌促進など)を示し、人での安全性は確立していません。動物に有害作用を示す植物油脂の代わりに動物性脂肪を肥満にならない程度に摂取すること、またそれを可能とする食環境作りを勧める。動物性脂肪(飽和脂肪酸)あるいはコレステロールは長期的にはTC 値を上げず、炎症性メディエーターの産生過剰への影響は少なく、上述の有害作用を示さないそうです。

※参考文献 『長寿のためのコレステロール ガイドライン』(2010 年版の要旨) [日本脂質栄養学会 コレステロール ガイドライン策定委員会作成]

コメント


認証コード0231

コメントは管理者の承認後に表示されます。