コレステロールは悪くない!

コレステロールが健康に害を与えるかのような誤った常識が日本ではあります。コレステロールも高過ぎれば悪いかもしれませんが、平均的日本人の食生活なら、ほとんどの人は下げるほどのレベルではありません。

コレステロールは病原体ではなく、直接病気を引き起こすこともありません。むしろ、体にとって必要不可欠な物質なのです。脂質の一部であるコレステロールは、細胞をつくる元になります。細胞を包む細胞膜の成分となります。

コレステロールが足りないと、新しい細胞をつくれなくなり、がんができやすいといわれています。感染症や認知症のリスクも高まるそうです。コレステロールが高くても、心筋梗塞などのリスクは上がらないという論文もたくさんあります。

コレステロール低下薬を投与すれば、善玉コレステロールと言われるLDLだけではなく、全部のコレステロールを低下させてしまいます。これは健康へのリスクを高めます。筋肉の痙攣や血流障害などのリウマチの病状などの副作用が懸念されるからです。

コレステロールは、肝臓でリポタンパクというタンパク質に包まれ、血液に乗って体の器官に運ばれます。このリポタンパクにコレステロールが包まれた状態を「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」と呼んでるのです。両者のコレステロールに違いはありません。結びついたリポタンパクの違いで呼び分けているだけなのです。

女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを受けた時に副腎皮質から分泌される抗ストレスホルモンなども、コレステロールがなければつくることができないのです。

コレステロール降下剤を飲むのは無意味なだけでなく健康へのリスクを高めます。ひとつの例としては、胆石を生じさせるなどの副作用があるそうです。

コレステロール値が高いと脳梗塞のリスクが高まるという説は誤解だそうです。むしろ、脳内出血の原因は「低コレステロール」にあるとの指摘が有力になっています。コレステロールが少ないと血管がもろくなり、出血リスクが高まるともいわれています。

コレステロールは紫外線を浴びるとビタミンDの前駆体(化学反応などによってある物質が生成される前の段階にある物質)になります。ビタミンDは、体がカルシウムを吸収する際に必須といわれ、カルシウムを摂取しても、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が不十分となり、骨が弱くなります。つまりコレステロールが少ないと、骨も弱くなるということになります。

総コレステロール値あるいはLDL-コレステロール値が高いと、日本人では総死亡率が低下します。つまり、総コレステロール値は高い方が(少なくとも日本人の場合)長生きできる可能性が高いということです。

高リノール酸植物油の摂取を増やし動物性脂肪とコレステロールの摂取を減らす”という従来の栄養指導は、むしろ心疾患、癌などを増やす危険性が極めて高いそうです。

コレステロールと関連して問題にされる中性脂肪ですが、中性脂肪値が150mg/dL 以上でも脂質異常症とはいえないという見解があります。一般集団では、中性脂肪値の高い群のほうが総死亡率は低いという調査結果もあります。

脳卒中はコレステロールや動物性脂肪摂取の多い群、血清脂質レベルの高い群ほど発症しにくく、脂質レベルの高い群のほうが予後は良好だそうです。飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量が多いグループのほうが、脳卒中(虚血性)死亡率は低いという調査結果もあります。

悪者扱いされてる動物性脂肪(飽和脂肪酸)やコレステロールですが、それらは長期的にはTC 値(血液中のコレステロールの総量。LDLコレステロールやHDLコレステロールほかを合計した値。TC(total cholesterol))を上げず、炎症性メディエーター(局所に侵害刺激が加わると産生・放出される炎症を引き起こす物質のこと)の産生過剰への影響は少なく、上述の有害作用を示さないそうです。

動物に有害作用を示すと言われることがある植物油脂の代わりに動物性脂肪を肥満にならない程度に摂取すること、またそれを可能とする食環境作りを勧める専門家もいます。

コレステロールは必要
とかく悪者扱いされるコレステロールですが、コレステロールは体にとって重要な物質です。あらゆる細胞膜の構成成分であり、性ホルモンや副腎皮質ホルモンを作り、胆汁の元にもなります。

人体にあるコレステロールの約七割は体内で合成されます。だから食事で数値を下げようとしても、あまり意味はありません。また、薬などで数値を下げると、寿命が縮みます。

メバロチンという薬はコレステロール値を下げますが、筋肉を溶かし、肝機能障害や末梢神経障害を起こす可能性があります。コレステロールが少なくなると、脳から筋肉への指令がスムーズに行かなくなります。

「コレステロールの摂りすぎは体に悪い」というのが今までの健康常識で、マスコミや製薬メーカーなども広報してきましたが、日本とアメリカの政府機関は、「十分な科学的根拠がない」として、コレステロールの摂取基準を撤廃しました。

日本の厚生労働省は、2014年3月にまとめた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討会の報告書で、2010年版で18歳以上の男性は1日750mgまで、女性は600mgまでと設定していたコレステロールの摂取目標量を、2015年版には入れないと決めました。

アメリカの保健福祉省と農務省の諮問委員会も、今年2月に公表した「米国人のための食生活ガイドライン」の策定に向けた報告書の中で、従来1日300mgまでとしてきたコレステロール摂取基準を削除する方針を固めました。

上記の報告書によれば、食事からのコレステロール摂取と血清コレステロールにはっきりした関連があることを示した研究はないそうです。コレステロールは過剰摂取を心配するような栄養素ではない、とも書かれています。

報告書によれば、「食事から摂取するコレステロールが、血中コレステロールを大きく高めたり、心筋梗塞などの発生率を高めたりするという科学データは得られていない。体内のコレステロールは7~8割が肝臓など体内で合成されたものであり、食事から摂るのは2~3割にすぎない。人には食事で摂りすぎれば体内の合成量を減らし、逆に摂取量が少なすぎれば合成量を増やすなどの調節機構があるほか、食事中のコレステロールの影響度合いには遺伝的要因もからむ個人差が大きい。そのため、少なくとも健康な人に対して一律にコレステロールを制限する理由はない」とのことです。

コレステロールが低い人のほうが、死亡率が高いという調査結果もあります。病気が原因でコレステロールが高過ぎる場合は別でしょうが、薬でコレステロールを下げたり、食事でコレステロールを心配することはないと言えそうです。

コレステロール降下剤のリスク

病院で血液検査して、総コレステロール値220以上だとコレステロール降下剤を処方されます。整体院のお客様の中にも、コレステロールや中性脂肪の標準値より高いからと、症状が無くても薬を飲んでる方は珍しくありません。

しかし、降下剤で低コレステロールになるとウツ症状が出やすくなるのです。コレステロール降下剤の市場規模は、3000億円とも5000億円とも言われている。全世界生産量の6~7割をも日本だけで消費されています。

コレステロール降下剤の利用者は、閉経後の女性が多いです。閉経によって総コレステロール値が280(LDLは180)を超えることは珍しくないですが、米国では閉経後の女性にコレステロール降下剤を投与してはいけないと言われています。閉経でコレステロールが高くなるのは自然なことだからだです。

女性は閉経に伴ってLDLコレステロール値が30~40は上がります。日本の場合は、老いも若きも男も女も基準値は一緒で、中高年女性は容易に高LDLコレステロール血症と判定されてしまい、副作用の心配なコレステロール降下剤を飲まされ続けています。

コレステロールには、悪玉と善玉があって、悪玉のLDLが目の仇にされ、善玉のHDLを増やそうなどと言われてますが、肝臓から末梢へ運ばれるのがLDLであり、逆輸送されるのがHDLというだけの話です。両者ともに必要で、そのバランスが取れていれば問題ないのです。

LDLとHDLの適正濃度には、個人差がある。それらの濃度が普段より異常に高くなったら、原因は、特殊な病気を除いては、出入りのバランス、つまり栄養の過剰摂取以外にないのです。対処法は、食事量を減らすことです。

たまに良心的な医師がいたとして、総コレステロール値が280(LDLは180)もある患者に降下剤を処方せず、その患者が万が一、脳梗塞や心筋梗塞で倒れて医療過誤で訴えられたとしたら、敗訴する可能性が高いようです。だから、大抵の医師は、不用で害のある降下剤を処方するという側面はあるのです。

幾つもの大規模な疫学調査で総コレステロール値が基準値より高い方が長生きしているという実態や、高い値でも脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まることはほとんどないという調査結果が出ています。

中高年で血圧降下剤を服用してる人は多いですが、これを飲むことによって血流が悪化し、全身の細胞への酸素供給が滞りがちになるからエネルギー代謝が落ちます。そこへコレステロール降下剤を飲むことによって、エネルギー代謝が更に一段と落ち込みます。

エネルギー代謝を高めてくれることで有名なコエンザイムQ10は、体内で十分に合成されるが、コレステロール降下剤は、コエンザイムQ10の合成を阻害するのです。さらに、コレステロール降下剤は、心不全を増やすという調査結果もあります。

このように、日本の中高年が愛飲?する血圧降下剤とコレステロール降下剤の複合作用で、体は冷え、重だるくなり、体調が悪化する。医師に言っても「年だから」で済まされてしまうことが多いようです。

降圧剤やコレステロール降下剤などの薬を、長年飲まされている多くの方が、やがて認知症になったり、寝たきりになる確率は高いと思われます。

朗報もあります。2012.4.4、日本人間ドック学会などが「新たな検査基準値」を中間報告的に発表しました。これは2年間にわたって人間ドック受診者の膨大な検査データを解析したものです。

男(全年齢平均)総コレステロール(上限値)254
女30~44歳:238
45~64歳:273
65~80歳:280

※参考サイト
「「健康診断に新基準を提言、正常値「緩めるべき」と専門家委員会」」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/05/complete-medical-checkup_n_5095935.html

※参考文献
『長寿のためのコレステロール ガイドライン』(2010 年版の要旨) [日本脂質栄養学会 コレステロール ガイドライン策定委員会作成]

コメント


認証コード8213

コメントは管理者の承認後に表示されます。