下痢を止めるな!

僕は少し腐敗してたり鮮度が落ちてたり、添加物(化学薬品)が多い食品を食べると、すぐ下痢や嘔吐します。昨日も、スーパーで買った半額のマグロのたたきの海苔巻きを食べた後でお腹が痛くなり下痢をしました。少し吐き気もありました。

安いステーキを食べさせるチェーン店でステーキを食べた時は、肉が少し腐敗し始めているような感じでしたが、案の定その後で頭痛がして、帰宅途中の駅で下痢と嘔吐しました。出した後はすっきりし体調が良くなります。保健所に訴えようと思うこともありますが、面倒そうでしたことはありません。

食品業界の裏側を書いた本を読むと、なるほどと思います。鮮度が落ちた肉や魚を着色料でごまかしたり、屑肉を固めて食用油を注入して霜降りに見せたりなど、日常的にされているようです。それを知ってからは、あまりに安い店で食べる気がなくなりましたが、昨日は価格に負けて油断してしまいました。

上記のような腐敗した食物や有害な食品を食べたときの下痢は、止めてはいけません。体が適切に反応して、有害物質をすみやかに排出しようとしているからです。

発熱、鼻水、咳、息が荒くなるなどの身体反応も、基本的には下痢と同様に、体が異物を体外に排出しようとしたり、細菌やウイルスと戦っているときの身体反応です。

それらの症状(身体反応)そのものが悪いわけではありません。だから、症状が出ている意味もわからずただ抑えようとすると、体のダメージが酷くなったり回復が遅くなったりします。

最初の整体施術ででることがある痛みやだるさ、発熱も、基本的には同様です。体の自然治癒力が活性化して体が回復に向かって適切に反応しているのです。痛み止め、解熱剤などは飲まないほうが、回復がスムーズに進みます。

コメント


認証コード0425

コメントは管理者の承認後に表示されます。