整体健康クラブの活動目的

健康イメージ

【整体健康クラブ】は、整体と自己療法(自分でする治療法と健康法)で、健康回復・維持・増進したい方のために、情報提供と整体の施術を提供します。

現代人は、病院では病気と診断されなくても、不調を抱えた「病人」や、「病人」と呼ぶほどではないが、健康とは言えない人が実に多くなっています。病院では病気と診断しなければ、治療はしてくれません。かといって、時間が経てば自然に治るとは限らない不調も沢山あります。

病院(医療機関)では、不調を訴える人たちに、レントゲンや超音波による検査、血液検査、尿検査などの臨床検査をして病気の診断を行い、投薬や外科手術などで症状解消のための治療を行います。しかし、残念ながら、病院の治療では治らない不調や病気は少なくありません。

今の医療は万能ではなく、不完全な面を持っています。薬害や医療ミス、不適切な治療法によって、病気が回復するどころか、悪化することすらあるのが現実です。

今の医療が持っている欠点を補うものとして、さらにもっと積極的に体に負担が少なく、薬の副作用などの害もない治療法(養生法)が、民間療法、代替医療と呼ばれる整体などにはあると考えています。

この考えに賛同する方々のために、活動を開始しました。

健康とは何か?

健康は整体と切っても切れません。整体師(身体均整師)は、人の不健康な状態を、健康に向かわせる仕事ですから。だから、まず自分が健康でなくてはならないし、適切な健康観を持ち、自ら実行することが大切だと思ってます。

WHOの健康の定義をご紹介します。

「健康は身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない」

この条件全てを満たす人は、少ないと思います。ちょとした不調を抱えている人の方が多いくらいですし、体は大丈夫でも、精神的に安定してなかったり、職場で辛い思いをしていたりする人は珍しくもない社会状況だからです。

『身体均整法概論』に書かれている「健康の定義」を、ご紹介します。

(1)痛みなどの不快感がないこと。

(2)食事が美味しく楽しくできること。

(3)体全体の動きがスムーズにできること。

(4)夜はぐっすり熟睡できること。

(5)喜びや悲しみなどの感情を素直に出せて対応できること。

(6)食欲、性欲、睡眠欲、排泄欲などの生理的欲求があり、生理的機能が正常に働くこと。

これらは、自分なりの健康法実行していたり、定期的にスポーツをしていたり、定期的に整体などで体を調整している人なら、実現可能だと思います。

健康の4大要素

健康に関係する4大要素についてご紹介します。

(1)呼吸 

(2)食事 

(3)動き 

(4)想い(心と精神)

【呼吸】

呼吸は大気を体内に吸い込み、生命活動に必要な酸素などを取り込み、不要になった二酸化炭素などを排出する身体活動で、伝統医学では、大気中のエネルギー(気)を、個体内に取り込み、生命力を養うとされている最も重要な生命維持活動だ。呼吸が止まれば10分以内に絶命する。

【食事】

環境から物質的なエネルギー源を体内に取り込み、身体活動源にし、身体そのものを組成する。食事と排泄は一体のもので、必要な栄養素とエネルギーを摂取した後、不要になった物は、排泄物として体外に出される。「一生の食い扶持は決まっている」と言われる通り、食べすぎは寿命を縮める。

【活動】

体を動かすこと。動くことは人が動物であることの本質的部分。健康体であれば、動くことの内に心地よさを感じるもの。不快な動きや長時間動かない状態が多いから、現代人の体は壊れていく。

体の使い方がアンバランスになりがちな現代の職業では、日常動作のときに、右手を使うときは左足を、左手を使うときは右足を、少し前に出して行うと、全身のバランスがとれて体、特に腰への負担が少なくなる。また、手は小指側に、足は親指側に力を入れる感じで動くと、重心が中心に集まり安定する。

【心と精神】

伝統医学では、心身一如と言われるように、心と体はひとつのものを別の観点から観ただけで、本来は一体化したもの。悪い想いは体を害し、良い想いは健康にする。また、生命体は、単体で生きてるものはなく、仲間と環境によって支えあって一つの巨大な生命体(ガイア)として生きている。

健康の4段階

「健康」とひと口に言っても、いろんな状態があります。健康から即、病気になるわけではないということです。痛みなどはっきりした症状がなくても、健康とはいえない場合はあります。健康から病気に至るレベルを見極めることは、健康維持に大切なことだと思います。

【健康の4段階】

[健康]

・検査で異常なし。・苦痛な症状はない。・異常(症状)が出ても、すぐ自力で治る。・生活が快適で充実し楽しい。・健康法や自然療法をすることが、健康維持のためには望ましい。

[半健康]

・検査では異常なし。・便秘、肩こり、腰痛、胃もたれなど、、たまに不快症状を感じるが、放置してもそれほど悪化はしない。・休養と節制、健康法、自然療法を実行したほうがいい状態。

[半病気]

・検査では要注意か異常なしの場合もあり。・日常的に症状があり、快適とはいいがたい状態。・放置すれば悪化の可能性が大きい。・休養節制と悪い生活習慣の改善が必要。健康法、自然療法や東洋医学的治療法を実行する必要がある状態。

[病気]

・検査で異常あり。異常なしの場合もあり。・日常生活に苦痛がともない、不自由さを感じる場面も。・積極的な治療が必要。・放置すればさらに悪化する。・仕事を休み、休養と治療が必要な状態。

整体とは何か?

整体は身体をトータルでみる調整の仕方

人体は、部品を集積して構成された機械とは違います。発生学的にいえば、元々は一本の管の形をした生き物でした。それが機能分化していき、現在の姿になったのです。

だから人体は、様々な身体の部分が密接につながりあって機能しています。ある部分で受けた刺激は、瞬時に全身に伝わり、その刺激に対応した反応をします。身体は全体で機能し、響きあっているのです。

整体は身体の響き合う力を利用して、全身を整える手法です。それによって個々の不調や個々の身体の部分に対応した手技を施さなくても、ポイントをおさえた一箇所を調整してやるだけで、全身が響きあい調和することがあるのです。

痛み、だるさなど辛い症状に苦しむ患者さんは、歩き方、立ち方、座り方、顔の表情などから負のオーラが出ていて、精神的にも不安定でイライラしています。

内臓に異常があると、テンションが落ちます。心も正常な反応ができず、内臓筋と密接に関連している顔の表情筋もこわばってきます。

心にストレスを抱えていれば、胃腸が痛くなったり下痢したりして調子を崩します。精神的に大きな問題を抱えていれば、それが思わぬ形で、病気として表に出てくることもあります。

人の身体と心は、これほど複雑で精巧にできていて、絶妙なバランスの上に成り立っているのです。

逆にいえば、ちょっとしたこと(刺激)で、身体は変化し機能を回復します。身体が本来持っている力を取り戻せば、思いもよらぬ回復も起きるのです。

当院に通っていた患者さんの中には、身体のバランスが整ったことで、長年不妊で子供を持つことをあきらめていたのが、いまでは、育児に忙しい毎日を送っている方もいます。

30分おきにトイレに立たなければならないため、旅行にも行けなかった方が、体調が整うにつれて、頻尿が改善してきたり、原因不明の目まいに悩んでいて、外出もままならなかった方が、再び繁華街で買物ができるまでに回復した例もあります。

多くの不調を抱えた方に共通するのは、施術の過程で、よく眠れるようになることです。

身体と心、そして環境。これらは分けて考えることはできません。どれが歪んでも汚されても、全てがバランスを崩していきます。

整体という仕事を通じて、このような回復を目の当たりにすると、人体というか生命の不思議さとそれが持つ潜在的な力に驚かせられると同時に、心身と環境は密接に関わりあっていることに気づかされます。

病院・整骨院などで改善しない方はお試しください

薬に頼らず、慢性化した体調不良を解消したい方には、高い効果が期待できる整体施術を行っています。

川越の整体…ヒロ自然療法院
所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
■アクセス:東武東上線 川越市駅から徒歩12分 西武新宿線 本川越駅から徒歩16分  ●駐車場アリ