症状と原因

体調不良を放置すると病気に進行します

ホメオスタシス機能(自律神経系や内分泌系、免疫系など、生体を守っているシステム、生体の恒常性維持機能)が低下すると(自律神経系などの歪、生命現象の低下)、病理学的に組織の変性や損傷がなくても、痛みなどの不快感を伴う自覚症状が出ることが多いようです。

自己破壊的生活習慣や心理的、社会的なストレスによってホメオスタシス機能の失調が起こり、機能的に病態を生じる。さらに老化などにより、健康体から半病人へと進行する。これを放置すると器質的病態が発症します。がんや心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気の発症です。

機能的な病態、症状のうちに、きちんと治療すれば健康回復は困難ではありませんが、器質的病態になるまで放置すると、健康回復は難しくなってきます。ちょっとした体の不快感を軽視する人が多いですが、健康で長生きしたければ、体の状態を把握し、肩こりや腰痛や体の疲れ、しびれなどの状態を放置せずに、ちゃんと保守することが必です。

感染症や先天的異常は別ですが、病気は自分の生き方や環境に問題があるから、 体が正常に機能しなくなり症状通じて警告を発すると考えています。健康回復と維持で最も大切な働きが自律神経です。

自律神経とは…

自律神経は、消化・呼吸・発汗・新陳代謝などの機能を制御し、血圧を調整することで体内環境機能を一定に保っています。

●自律神経の仕組み

知覚・運動神経と違い、自律神経は私たちの意識や思考と関係なく独立して自動的に働いています。したがって、内臓や血圧を自分で自由に動かすことはできないのです。
その反面、自律神経が働いているから、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりすることができるのです。

自律神経には、交感神経(活動するための神経)と副交感神経(休むための神経)があります。この二つは、一つの器官に対して必要に応じて自動的に切り替わるようにして働いています。

交感神経は極度の身体的活動や恐怖などストレスの多い状況に対処する為に必要な反応とエネルギーを供給する役割を果たしています。ストレスに対応して交感神経は血圧と心拍数を上昇させ、胃腸・腎臓・皮膚への血流量を減らし、骨格筋への血液供給量を増やします。

体を休ませ体力を回復し、新たなエネルギーを獲得するときに働くのが副交感神経です。。 心拍と血圧を下げて、皮膚と胃腸への血液を増やし、瞳孔と細気管支を収縮させて、唾液腺分泌を刺激して、消化器官の蠕動を活発にします。 副交感神経系は体力回復と省エネルギー化に向けて活動します。

●体内環境を一定に保つために

全身のほとんどの器官は交感神経と副交感神経両方の支配を受け、二つの神経系がバランス良く働くことで
適正に保たれています。呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。

●体温調節とホルモン分泌の役割も

人など哺乳類の体温は、外部の気温に関係なく、常に一定に保たれています。
もし、体温が外部環境によって変わってしまえば、体内の代謝活動に影響が出るので、生命維持活動に支障が出てきます。
自律神経は、体温調節でも重要な働きをしています。

自律神経はホルモン分泌とも密接に関わっています。
女性に自律神経失調症が多くみられるのは、排卵・月経・妊娠・更年期等の性周期がホルモンと深く関係しているためです。

●免疫の調整とも関係

自己免疫力が高い状態の時は、体調が良く、病気に罹りにくい状態です。罹っても自然治癒します。
自己免疫力の高い状態というのは、白血球の顆粒球とリンパ球のバランスが保たれている状態といえます。顆粒球とリンパ球のバランスと保っているのは自律神経です。

ストレス(過労、心の悩み、薬の長期使用など)がかかると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位の状態が続きます。

ストレス刺激→交感神経の緊張→顆粒球の増加→リンパ球の減少→自己免疫力の低下

自己免疫が低下すれば病気に罹りやすくなります。ストレスは万病の元といわれるのは、このような理由からです。
病気になるのは交感神経の過度の緊張、または副交感神経優位の状態が続くためと考えられます。
自律神経のバランスを整えることで、我々自身が持っている自然治癒力が高まり、自力で病気を治すことができるのです。

●自律神経失調症

二つの神経が必要に応じて切り替わり、バランスよく機能すれば心も体も快適なのですが、 こ自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。ほとんどの場合、自律神経自体の障害ではなく、ストレスなどによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるのが原因です。

この病気は、慢性的な不調があっても、病院での検査では異常無しと診断されることが多いのが特徴です。

◆症状としては、

・疲労感
・汗がたくさんでる
・眠れない、目眩がする
・目が疲れる、涙目、目が開かない
・食欲が無い
・腹が鳴る
・口の中が渇く、痛い
・微熱が続く
・肩こりがひどい
・頭痛が消えない
・体がふらふらする
・耳鳴り
・生理不順
・インポテンツ
・頻尿・残尿感・尿が出にくい
・下痢や便秘が続く
・安静にしていても動悸や息苦しさがある
・喉に異物感がある
・イライラや不安感がある

などさまざまなカタチで現れます。

血圧について

高血圧の人の方が長生き!

血圧が上がるわけ。
身体にとって最も重要なのは脳です。心臓は脳に血液を送り出しています。年齢を重ねると、血管は硬くなり、細くなる。だから血液を末端まで十分に届けるために、血圧が高くなるのです。

血圧の高い高齢者の方が低血圧の人より体の機能が高く元気だと言えます。したがって寿命も長くなる傾向があります。

海外で75歳~85歳の高齢者約500人を対象に、降圧剤を飲まない状態で経過を調べた調査がありました。すると最高血圧180以上のグループの生存率が最も高く、逆に140を切る高齢者の生存率は、かなり低くなりました。降圧剤で血圧を人工的に下げるより、自然に任せて生活するほうが長生きできるということになります。

降圧剤の副作用

ある種の降圧剤には発がん性リスクがあると指摘されています。降圧剤を使うことで、脳梗塞のリスクが高まります。脳梗塞は、脳内の血管中で血液が凝固し、その先が壊死してしまう疾患ですが、血圧を不必要に下げると血液の流れが悪くなり、発症リスクが高まります。高齢者の場合は、血液が脳に回らなくなると認知症のリスクも高まります。

血圧値というのはその人の年齢、性別や体重、塩分やアルコール摂取量、タバコの量などに応じて、身体が自律的に調整した結果です。これを薬で強制的に下げると、様々な不都合が生じても不思議ではありません。

高血圧が気になる人は、肥満を解消し、アルコールを減らし、適度に運動するほうが安全です。180以下の血圧なら、薬を使わずに下げるほうが、健康にいいと思います。

症状と原因、治療法

味がわからない!味覚障害・消失の原因と予防法

病院・整骨院などで改善しない方はお試しください

薬に頼らず、慢性化した体調不良を解消したい方には、高い効果が期待できる整体施術を行っています。

川越の整体…ヒロ自然療法院
所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
■アクセス:東武東上線 川越市駅から徒歩12分 西武新宿線 本川越駅から徒歩16分  ●駐車場アリ